来年から

グルメメディア→食×訪日観光→飲食チェーン店集客支援・訪日対策→青森の漁業組合のPR→

これまでの経験を活かして新しいこと

・工業農業
・食に特化したマーケティング大学
・新しい食のモデルの事業

挑戦することになりそうなので
その事を投稿しようと思い
Facebookをひらいたら

 

日本にいる中国人の親友がFacebookにこんな投稿していた。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
世界から超優秀な人材しか受け入れないアメリカと、教育レベル低い賃金安い出稼ぎ労働者ばかり受け入れている日本。
その差が分かるでしょう。
それを無視して、自己満足なサービスを頑張って作ってる日本のベンチャー、経営者たち、
日本人にとってシリコンバレーは、実は地球人にとって火星なんですよ、違うエコシステムなので、勉強しも・・・・・

個人的な見解です。
中国語で’千里之堤,溃于蚁穴’
おそらく、アメリカのトランプさんは’蚁穴’を意識していると思います。
日本は、ノホンホン、のんびり,愚民政策の元でなんか延命してるみたいね。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

全くその通りだなと思った。

今、イノベーションを起こしている

ドローン、IOT、AI、モバイルペイメント

中国企業が席巻しているケースが多い
日本の企業のインバウンドの支援のサービスを1つとっても
8割は自己満足なサービスばかりで

コミュニケーション設計ができてない

エコシステムも違う

おもてなしできてない現実は

国の予算の多くは

よく分からない団体や

大手代理店・コンサル会社・大手旅行会社に流れ

それが
まわるに
まわり

最終的な下請けの
インバウンドの事業者に来る仕組み

訪日観光客に対しての対策に関して

今の状況を

文句を言ってもしょうがないので

クライアントさんの外国人の
売上を前年比2倍以上に上向かせたり

中国のライフスタイルメディアの
大衆点評を、中国に近い形で日本で提供できる仕組みをつくったり

あーだ
こーだ
試行錯誤した1年でした。

最近、多くのお問い合せを頂いている

大衆点評(たいしゅうてんぴょう)に関してはこちらから

http://www.japan-pr.jp/