2018年8月25日
珈琲とかき氷のお店『きまぐれ屋』
オープンしました。

 

オープン日は
メニュー数は少ないですが
どう提供するか
施策だったり
最低限の備品しか揃えなかったので
なにを購入するか
お店に合うか

試行錯誤

某コーヒーチェーンで働いていたので
珈琲いれるの上手だったり

全然食器が足りてないので

実はたくさん来て頂いたら対応ができない状態くらい。

 

 

海の家で働いてた弟が
かき氷つくるのがうまったり
大活躍

いちごのかき氷↑
意外な先輩から
LINEのメッセージ頂いたり

 

地元じゃちょっとした話題になっていたり
まだまだなにもないですが
そんな初日に
なんとお客さんコバさんが奥さんときてくれるという
嬉しいハプニングもあり☆

 

 

珈琲とかき氷のお店『きまぐれ屋』は

もともと、祖母が小さい商店を営んでいた場所を借りているんですが

84歳の祖母に父が珈琲を煎れる

 

お店の開店ではじめてつくった

ウォッシュリスト?でしたが
http://amzn.asia/2EnrRaY

嬉しいプレゼントを続々と

プレゼント頂いた方には後でお礼させて下さい。

ほんと嬉しい。

 

 

翌日も味のテストしつつ

自家製のシロップや練乳をつくったり

珈琲の煎れる時間を考えたり

かき氷を練乳、、、練習したり。

 

 

 

そんなこんなで

なにをしたいのか

 

 

コミュニティの再生

ずっと場をつくりたいなと思っていました。

渋谷のshhGarage 日比谷さんなどと話させていただく際にこうゆうのいいなー

東京に工芸店を進出をしていい感じだと傍からはみえていたけど

脱サラして、京都の舞鶴に、戻った、岡山八朗兵衛商店のたくちゃんとか

 

 

自分はどこなのかな、渋谷なのかな、自分ができる、これから先みた時にどこなんだろうっと

思っていた、時に実家のある三浦でした。

三浦は現在、神奈川県が力をいれている観光都市にしたいエリアでもあります。


三浦半島地域

三浦半島地域の延観光客数は1,614万人で、前年に比べ120万人の増加(前年比+8.0%)となった。

市町別にみると、横須賀市は88万人の増加(前年比+11.2%)、逗子市は9万人の増加(前年比+11.2%)、三浦市は21万人の増加(前年比+3.7%)、葉山町は2万人の増加(前年比+4.0%)であった。

前年に比べ、横須賀市の三笠公園で19万人、長井海の手公園・ソレイユの丘で15万人、三浦市の油壺で13万人の増加が見られた。また、三浦海岸では6万人減少したものの、逗子海岸で5万人、葉山町の海岸では1万人増加した。

という神奈川県の出した平成27年度の資料もあります。

また、京浜急行電鉄株式会社(本社:東京都港区、社長:原田 一之 以下 京急電鉄)は、2009年から発売している「みさきまぐろきっぷ」の2017年度発売実績が、前年度比約30%増の20万3千枚を記録しております。近隣エリアの「よこすか満喫きっぷ」、「葉山女子旅きっぷ」においてもそれぞれ前年度を上回る発売実績を記録したと京浜急行が発表しています。

「みさきまぐろきっぷ」は、人口・観光客数の低下が進んでいた三浦市を活性させるべく2009年8月に発売を開始しました。沿線の三浦半島の「食・見所・人」を熟知する鉄道会社だからこその内容となっており、乗車駅から三崎口駅までの京急線往復乗車券と三浦・三崎エリア指定区間の京急バスフリー乗車券、厳選したまぐろ料理が楽しめる「まぐろまんぷく券」とレジャー施設またはお土産の引換が可能な「三浦・三崎おもひで券」がセットで、品川駅から3,500円(税込)というおトクなきっぷです。

みうらレンタサイクルという 三崎口駅・三崎港・城ヶ島  三浦観光の拠点間を移動するのに最適な、電動アシスト付き自転車のレンタルサービスなど少しづつ変わりつつあります。

 


 

まずは、水曜、土曜、日曜だけですが、お客さんがきてくれるようになれば、営業日を増やしたり

違う業態も考えています。

 

Marketing Love

Marketingや調べる事を生業にしています。特に飲食業界で多くの方とお仕事させていただく中で

立上げの経験も無いし、飲食コンサルって胡散臭いなとか色々と自分自身思っています。

Marketingは、必須のスキルですがあくまでもツールでしかないと僕は思っています。

インバウンド、飲食店の販促、求人(働き方)、2拠点生活、

検索エンジンがPCからスマートフォンになり、音声検索も増え

シーン、体験、どのような事を顧客はお金を払うのか。

珈琲とかき氷のお店『きまぐれ屋』は、実験の場として考えています。

販促費用をかけず、駅から徒歩40分のお店に人が集まりたくなる仕組みづくり。

そんな事を考えています。

 

地方 はたらき方

実はずっと前、2年前に

DMMの亀山さんのこの記事を読んでから

すごく腑に落ち今回につながっている気がします。

 

本気で故郷を守りたいなら、県人同士で馴れ合ったり、
慰め合ったりしてちゃダメだ。外の人と会い、外の知恵を学び、
外から故郷を見るべきだ。
そして、外の人の呼び、外の物を売り、外貨を稼ぐべきだと思う。

・25歳で会社をつくって、未だ成功とはかなり遠いけど多くの事を学び

・teriyakiという多くの人が知ることになるグルメアプリの立ち上げに関わる事ができ

・wechatpayの国内の導入に携わり

・Tencentや、大衆点評などの中国のネットメディアと関わりながらインバウンドを学び

・大手居酒屋チェーンのインバウンドや販促の戦略に携わり etc

数えたらきりが無いけど、今の経験を活かすのはこのタイミングな気もして

気のいい父と、優しい弟が快く一緒にやってくれて

まずは、半年でどうつくっていくかですが、色々と試していきたいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

食べログのページもできました。

きまぐれ屋

関連ランキング:カフェ | 三崎口駅三浦海岸駅津久井浜駅