日本のインバウンド施策に関して疑問に感じること

 

 


日本政府観光局、日本の魅力を海外に発信する「Enjoy my Japan」キャンペーン
「富士山」「桜」「神社仏閣」だけじゃない!!
2018年2月6日 発表
JNTOは海外に向けたインバウンドキャンペーン「Enjoy my Japan」をスタート。デーブ・スペクターさんらをゲストに招いて会見を行なった
 JNTO(日本政府観光局)は2月8日に東京・銀座で記者会見を開き、新しいキャンペーン「Enjoy my Japan」のグローバル展開について説明した。

「Enjoy my Japan」は欧州、北米、豪州エリアを中心に存在する「海外旅行には頻繁に行くが日本を旅行先として認知・意識していない層」をターゲットに、「日本が、誰もが楽しむことができる旅行目的地」であることを、2020年に向けて複数年かけて世界に向けてアピールしていくもの。

 従来の富士山、桜、神社仏閣といった典型的なイメージだけでなく、豊かな自然とアウトドアアクティビティ、日本食にとどまらない食の魅力、伝統芸術に加え世界から注目される現代アートなど、日本の観光資源を7つのカテゴリーに分けて、デジタル広告、キャンペーンWebサイト、テレビ広告を通じて世界に発信していく。

参照元URL:https://travel.watch.impress.co.jp/docs/news/1105188.html


 

日本政府観光局のキャンペーンをみて

改めて感じた出来事であった。

もっと、外国人観光客の旅行消費額などを参照に施策を行うべきなのではないだろうか

欧米人は肌の色が違うので分かりやすいかもしれないが

ここ近年の外国人観光客向けの施策はこういった

施策が行いやすい内容が多い

ここで一旦、整理したいと思う。
2017年の訪日客数は2869万人、

旅行消費額は4兆4161億円で、ともに過去最高を更新した。

1人あたりの支出額は、中国が首位で、2位はオーストラリアであった。

訪日客数
「3000万人目前」の内訳として

中国 735万人
韓国 714万人
台湾 456万人
香港 223万人

全体の6割以上を中華圏+韓国が占める

訪日客数は前年比19.3%増の2869万人。

20年に政府は4000万人に増やす目標を掲げているが射程圏内に入ってきている。

国別の訪日客数
伸び率トップはロシア
中国、韓国、台湾などアジア客が好調で、欧米客も順調に伸びた。伸び率トップは41%増の7.7万人のロシア。

国別の消費額
中国が全体の約4割
中国の消費額は全体の約4割。中国、台湾、韓国、香港、米国の上位5カ国・地域で全体の8割弱を占める。

旅行支出
中国が首位、欧州勢が上位
1人あたり旅行支出の首位は中国。2位はオーストラリアで、英国、スペインと続く。中国は家電や化粧品といったモノへの支出が多い。一方、オーストラリアや欧州はスキーや飲食など体験型消費が多い。

体験型消費の多い、欧米人向けの施策としては正しいのかもしれないが

これから旅行消費額が増えそうな国

日本に来る事が増えそうな国に対してもっと積極的に施策を行うべきではないだろうか。

 

日本に訪日観光に関するプロと言われている人も

中華圏に関して弱い方が多いので

こういった問題が多いのも起因しているのではないだろうか。

訪日観光のPRの際に

1次情報となるとは

OTA(旅行メディア)、日本でいう楽天トラベルのようなサービスや

ハーフや、ミックスの人や

留学生

在日外国人などのリアルな声が重要視されている。

たまに、ブロガー発信で有名になったお店もあるが

元を辿るとその国の人から聞いている事が多い

 

SNSが発達している現代社会では

必要な情報を、現地にいる人にSNSを通してメッセージをすると瞬時に

情報を得て、時に訪日したら購入する

中国に関して、金盾があるから・・・ などと言う方もいるが

私の周りのKOLや中国人の経営者は既にグローバルで活躍しており

情報格差はほとんどと言っていいほど無くなっている。

 

 

それも、日本には多くの外国人留学生がいるので

彼ら、彼女らを活用するのがオススメである。

手前味噌であるが、弊社がサービス立上げを支援している

留学生VOICEなども、生の声を聞くにはいいサービスだと思う。

 

 

日本に数年住んでいたら

リアルな現地の声などは反映しずらくなってくる

文化の違い、SNSの違い、時代の流れをいち早く感じている

留学生の生の声をもっと、日本のインバウンド施策に活かして

観光立国を目指すべきだと

日々感じております。