テンセントの社員の方とのある日の出来事。
今から2年前
中国から来日したテンセントの社員の方と
 
 
日本のテレビ局や、大手代理店、などを一緒に回った時を思い出しました。
日本側は役員クラスの若くても40代後半
多くは、60代の役員が出てくる。
 
僕はテンセント側の席に座り彼ら、彼女らをずっと観察した。
通訳の子が、会議の後に、日本側のマイルドに翻訳した点を
僕には事細かに教えてくれた。
テンセント側は20代、30代
打合せ中も携帯触りながら話したり
前の仕事のボスであった
堀江さんの働き方を思い出すような場面があった。
日本の大きな会社とアポイントをしたいという要望を受け
アポイントを設定するのだが
テンセント側からは時には、1日の打ち合わせは2社までとか
まるで昔の日本のバブルの時の慰安旅行!??的な
8割遊びなんじゃないかなという事も少なくなかった
 
 
日本側は検討します
と即決はしない
 
テンセント側のスピード側でビジネスができてないと思ったのが
2年前
 
 
それから時がたち
あの時、日本の大きな企業が冒険ができたら
少しは違ったんじゃないかなと
 
 
日本のwebメディアには
毎日のように中国のネットのサービスの話題が出る
ドローン、モバイルペイメント、AI、フィンテック、
 
 
多くの領域で中国にシェアをとられている現状
ロックヒルでは、テンセントも出資している
大衆点評の公式アカウント登録の代理店も行っております。
 
※テンセント(英:Tencent、日本語:騰訊控股有限会社、繁体字:騰訊控股有限公司、簡体字:腾讯控股有限公司、拼音:Téngxùn)
テンセントは1998年に現CEOの馬化腾(Pony Ma:ポニー・マー)によって創業されました。
※ポニー・マーは世界の富豪ランキングでは現在、18番目に裕福な人物と言われており
推定資産額は362億ドル(約4兆円)に達している。
1999年の2月にはメッセンジャーアプリ「OICQ」を公開。これはその後「QQ」に改名されますが、AOLが保有していた「ICQ」による訴訟を逃れるためだったようです。
最初の3年間は赤字で、2001年に南アフリカのメディア企業「Naspers」がテンセントの株式の46%を購入します。
2004年6月14日には香港証券取引所のメインボードに上場。
当初はQQにおける広告と有料課金のみで成り立っていましたが、2005年にはQQモバイルの課金などで売上を伸ばします。
2011年の初めにはソーシャル・ネットワークサービス「Weixin(微信)」、2012年にはWeixinの国際版として開発したWechatを公開、急速に成長させます。
現在の時価総額が42兆円、企業価値は6.5兆元(107兆円)とも言われております。
テンセントは元はスカイプのチャット機能のようなQQから始まりました。
現在は、AI、ペイメント事業などの金融領域までライフスタイル全般に事業、投資を行っている中国最大のネット企業の1つ。