シャネル社長が「豊洲移転」に異議唱える理由

築地は外国人観光客にも人気の場所だ(撮影:梅谷 秀司)
築地市場の移転問題がくすぶっている。昨年11月に豊洲市場への移転が延期されて以降、「豊洲移転案」に加えて、「築地再整備案」が浮上し、今月には築地市場の土壌汚染調査も始まった。
最終的には、双方の案を吟味したうえで、小池百合子東京都知事が判断する見通しだが、こうした中、「築地再整備案」を強く推すのが、シャネル日本法人社長でフランス人のリシャール・コラス氏である。在日フランス大使館やジバンシィなどの勤務を経て、1985年にシャネル日本法人に入社した同氏の日本在住歴は40年以上。現在は鎌倉に住み、鎌倉市国際親善大使を務めるなど、フランス人きっての日本通としても知られる。
そのコラス氏が何年も胸を痛めているのが、東京、あるいは、日本のドラスチックな変わりようである。都内随所で再開発が行われ、昔から人々に親しまれてきた建物が壊され、そこに息づいていた人々の暮らしが消えていく――。こうした中、同じく古い歴史を持つ国、フランスの出身であるコラス氏は積極的に東京という街の「保存」を求めて声をあげている。最近は築地市場の保存に関心を示しているコラス氏に話を聞いた。

ギンザシックスにも異議を唱えた

――なぜ築地市場の保存に関心を寄せているのですか

少し前ですが東洋経済さんの記事

記事の全文はこちらから記者の方も外国人ですね。

URL:http://toyokeizai.net/articles/-/171868

 

 

日本は島国なので、自国の良さを理解できてなかったりします。

観光立国を目指す中で、なにが外国人観光客の人たちが魅力を感じているのか

コラス氏が外から見た日本についての記事です。

 

訪日観光に携わる方には是非読んで頂きたい記事です。