飲食オーナー 第5世代 狩野高光氏

若干31歳、28歳で1店舗目の「和音人 月山」(三軒茶屋)で創業。現在、「GYOZA SHACK」「華舞㐂屋 ろんど」、昨年2017年10月に「オステリア割烹 りんどう」をオープンさせ4店舗を経営する。
全て、三軒茶屋に店舗を構える
第5世代のエースと言われる所以はどこにあるか

第5世代のエースの魅力を知りたくなり

三軒茶屋にある「華舞㐂屋 ろんど」に伺わせて頂いた。

入口にある
のれんをくぐり店内に入ると
狩野高光氏の世界に引き込まれている

ここは、高級割烹なのかと思うような
逸品逸品こだわりのある、お通しを食べると


狩野高光氏の劇場がはじまる。
部位ごとに違う産地の焼き鳥


それに合わせるペアリングのワイン


東京エリアの酒蔵さんで揃えた日本酒
スタッフの仕事着
特徴的なネクタイ
内装の1つ1つにまで
全ての商品にストーリーが―あり

狩野高光氏のこだわりを随所に感じられる

これまでの飲食経営者と違う点は
お店を運営するための軸は
規模ではなく、仲間の夢を叶えるコミュニティーという位置付なのではと

それはお店に通うたびに
狩野高光氏と飲むたびに実感する。
飲食オーナー 第5世代と言われる狩野高光氏は

スタッフに愛され
お客様にも愛され
ワイナリーさんにも愛されている

ドヤっと最後に注がれた
ロゼワインは

お店限定で
ラベルは狩野高光氏がデザインした
ここでしか飲めない逸品だ

ワインの話をすると止まらない、日々現場に立ち続ける

第5世代のエース 狩野高光氏はいつインプットしてるのだろうか。

狩野高光氏と話しているとまだまだ底知れぬパワーを秘めており

これからの飲食業界の未来を考えるとワクワクしてく。

 

2軒目に「GYOZA SHACK」に行ったのはここだけの話。


店舗データ
店名 華舞㐂屋 ろんど(カブキヤ ロンド)
住所 東京都世田谷区太子堂4-22-14
アクセス 東急田園都市線 三軒茶屋駅より徒歩1分
東急世田谷線 三軒茶屋駅より徒歩4分
電話 03-6805-5959
営業時間 18:00~翌4:00
定休日 月1回、不定休
坪数客数 18坪・22席
客単価 3500円
運営会社 株式会社 和音人