食と訪日観光

2016年は年に600食以上
外食をしました。
大衆店から高級店、寿司、天ぷら、ラーメン、うどん
居酒屋、チェーン店の居酒屋、いろいろな業態のお店を巡りました。
ここ数年で、外国人の方を多く飲食店でみかけるケースが多くなってきました。
分かりやすい場所でいうと
新宿のゴールデン街や
新宿西口思い出横丁は今では昼から外国人でいっぱいです。
TripAdvisorでも、日本での人気の観光スポットの1つに
ゴールデン街や新宿西口思い出横丁がなっています。
 
訪日観光と食に関して
これからも増える訪日観光客にとって
日本の食という文化は
日本が世界に誇れる、コンテンツの1つだと思っています。
 
今日も、ほぼ毎日、日本の食に関わる、経営者、生産者、卸業者、加工業者、多くの
食に関わる人達と関わっているのですが
日々、多くの食に関わる人と出会うほど
もっとこれを世界に広めたい伝えたいという気持ちになります。
日本の食は誇れ文化であり
その食に関わる人達がもっと豊かな生活を送れる
もっと言うと
稼げて、余暇も充分にある社会になってもいいのかなと思ったりします。
安く旨い もいいですが
やはり、稼げる事が大切という面も伝えていかないと
 
 
世界を相手にした際にインプットできる飲食人材が枯渇してしまうのではないと
不安になったりします。
 

この記事を書いた人

蛭田 一史

蛭田 一史