訪日観光に関するセミナーのお知らせ

セミナー開催のお知らせ

株式会社アレンジ(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:筑波次郎、以下「当社」)・株式会社アドバンスト・カルチャー・センター(本社:静岡県富士宮市、新規事業部統括部長:大森雅彦、以下「アドバンスト・カルチャー・センター」)と3社共催にて
2017年2月27日(月)17時30分より渋谷にて訪日観光に関するセミナーを開催します。
そして株式会社JAPAN PRとしては最後のセミナーになると思います。※ロックヒルでも告知させて頂きます。

インバウンドと騒がれて数年~そして~

2020年を目指してインバウンドと騒がれてから数年立ちますが・・・
多くのサービスが出ては消えを繰り返しています。
訪日観光に関する多くのセミナーのタイトルや、インバウンドのサービスで、インバウンドビジネスで革命を的な方が多数いられるようですが、インバウンドビジネスで革命なんて起きません。
1つの例として
weibo、KOL、ソーシャルの活用で革命を集客をとうたう方がいるようですが
置き換えてみて下さい。
Twitter、3流ブロガーに数十万払って売上あがると思いますか?
中国という13億人の所得も文化も違う国に対して、そんなことで売上あがるなら多くの成功者が出ているはずです。
アメとムチのアメの話しか多くの方は話しません。
訪日観光に関しては新しい市場と盛り上がっていはいます(正確には盛り上げている人たちがいます)が新しい市場には、中国人・香港人・在日外国人など多くのプレイヤーと一層厳しい競争を勝ち抜いていかなければいけないという他のセミナーでは絶対言わないような現実のお話をするつもりです。
有料セミナーにしましたので、そして国内にはほぼ出てない情報もお話します。
1日3500万人が利用している、大衆点評の直近の利用率とか国内で大衆点評を使って、お店行かないのに口コミ書きますって断言しているステマ業者のダメな部分とか
これからFITにお客さんを取り組むにはなにをしたらいいのか!?
皆さんの悩みだと思います。
この1年間でどのような施策をしたのか 等々
国内の飲食店さん、ホテルさんとかでも、ここまでやっているってところは本当に少ないので
GIT(団体旅行)からFIT(個人旅行)だ!!!
しかし、団体のように売上が目に見えない
どういった施策をしたら来るのか?
施策をする前にきちんと受け入れできる準備は整っているのか?
悩みはつきないと思います。
戦略立てて足場固めていっているナマの話とか少しだけ話しますので僕の話す内容だけでも、かなりお値打ちだと思います。

セミナー内容

2.「中国の食べログと言われている大衆点評を徹底解剖」
株式会社JAPAN PR 代表取締役 蛭田 一史
・大衆点評とは?
・本邦初公開、大衆点評の訪日ユーザーの利用率を大公開

申し込みはこちらから

申込ページ
http://peatix.com/event/237213