ロックヒルは事業を具現化するためのサポーター

 
事業開発に関して
ロックヒルではテレビ番組の
放送作家的なポジションで携われたらなと考えております。
クライアントはプロデューサー
ロックヒルはお題を具現化するためのサポーター
最短での事業の立ち上げ
事業の差別化、成功への精度を1%でも多く早く具現化する
サポーターとして関われたらと考えています。
 
 
 
昨日、新規事業を一緒に取り組んでいるパートナーさんと
webサイトの確認と、サービスのリリース時のプロモーションに関して
打ち合わせを行いました。
 
サービスの打ち出したい部分
ビジョンの共有、方向性の摺合せ
 
あっという間に時間が過ぎます。
今回、パートナーさんと進めている
留学生を活用したサービスは構想段階から携わらせて頂き
一緒に進めているので思いもかなりあります。
サービス開始まであとひと山