原宿 インバウンドリサーチ

原宿にて友人の経営者と一緒にインバウンドのリサーチをしてきました。

平日でも人の多い原宿の竹下通り入り口の写真
多くのお店が、免税店の対応をしていたり、外国語対応のスタッフを雇用していたり
ここ数年で変わりつつあります。
実際に訪日観光客目線で歩くと多くの気づきがあります。
 
 
kawaii文化発祥の地である原宿は
これまでは、国内の旅行客や修学旅行生などのがメインのお店が多くありましたが
訪日観光を意識したお店もここ数年で増えてきています。

実は原宿は訪日観光に関して前向きな自治体の1つであります。
春節には訪⽇観光客の受⼊促進キャンペーン「Tokyo Shopping Week 2017 at Harajuku/Omotesando」を展開していたりと
商店街振興組合原宿表参道欅会、原宿⽵下通商店会と共催で春節に合わせて訪日する中国人観光客に対して魅力をPRしている。
今年の参加店舗数は昨年の約230店舗から約100店舗増加の330店舗程度と大幅に増加している。
この数字からも分かるように近年、訪日観光客の受入に関する注目の度合いも高まってきている。
また原宿観光案内所「もしもしボックス」などの取り込みを行うなど先進的な訪日観光の受入に関する取り組みを行っている。
原宿観光案内所「もしもしボックス」の2Fにある「もしもし着物サロン」は、現代の「カワイイ文化」と「大正ロマン」を融合させた「原宿ロマン」な着物で撮影できるスタジオがり
原宿でひと味違った着付け体験!が訪日観光客に喜ばれている。
着物の着付けサービスと言えば、日本観光時の定番アミューズメント。京都や浅草など、全国の観光地に専門のお店があります。
こちらの「もしもし着物サロン」では、伝統的なデザインと現代らしいデザインが融合したカワイイ着物を着て、専用のスタジオで撮影できます。
原宿のカワイイ文化を作りだしたアソビシステムと浅草にある日本文化体験スタジオJAPAN CULTURE EXPERIENCE TOURS 夢乃屋-YUMENOYA-がコラボレーションして生まれた、注目のお店です。
また原宿という場所柄もあり
多くの海外メディアからも取材を受けている、今注目のスポットの1つである。
こちらへの予約は、空いている場合は直接来店でも対応致しておりますが、
クレジットカードで支払いを希望する場合はTOKYO TOURIST INFORMATION CENTERから予約してください。
 

▽原宿観光案内所「もしもしボックス」とは

原宿観光案内所も原宿の真ん中に位置している観光案内所
竹下通り、明治通り、そして裏原宿の道がちょうど交差する場所に位置するこちらの案内所は渋谷区観光協会などと提携し、国内外の観光客に以下のサービスを提供している。
・おすすめ観光スポット紹介、地図
・無料Wi-Fi&電源
・日本特有のお土産ショップ
・両替サービス
・荷物発送サービス
・クレープ
・無料カラオケ
詳細はこちら: http://www.moshimoshi-nippon.jp/box.html