食べログレビュアー

写真の撮り方で

食が本当に好きな人と

あまり好きではない人が分かるようになってきました。

 
ここ数日よく話題になるので記事にしてみました。
食べログのカリスマレビュアーとして最近ではテレビ番組への出演や
カップラーメンのタイアップなどもしている

「うどんが主食」さんの話題についてです。

 
 


食べログレビュアー「うどんが主食」が「高評価飲食店」から過剰接待

 グルメサイト「食べログ」でカリスマレビュアーとして知られる「うどんが主食」氏(以下、うどん氏)が、自らが高評価をつけているレストランのオーナーから過剰接待を受けていることが週刊文春の取材で分かった。

5月に出した著書『うどんが主食 私が通うウマい店100+80』のトップグラビアで「ウェスタ」を紹介 ©文藝春秋

うどん氏はステーキ店「ウェスタ」(東京・日本橋)に「4.8」の高得点をつけ、〈私はここ以外ではステーキ食べたくありません〉と絶賛しているが、この店のオーナー、小林達彦氏と銀座のクラブで豪遊していたという。
続きはこちらから
URL:http://bunshun.jp/articles/-/2822

 


 
グルメ評論家的な方で
これに近い方は意外と多くいるのではないでしょうか。
飲食のコンサルティングの会社には
未だに、こういった食べログレビュアーに投稿を依頼するサービスを提供している方も多くいます。
食べログさんも監視の目を厳しくてしていますがいたちごっこのような気がしています。
実際、食べログの点数の変化で、飲食店さんは売上かなり変わってきますので
気にしないようにしつつも
どうしても気になってしまうものの
飲食店さんには、こういった本質的な部分ではないところに注力せず
スタッフや商品に時間を費やしてもらいたいなと思ったりします。
 
 
TERIYAKIの立ち上げのキュレーターのメンバーの方は
こういった方とは一線を画している方が多かったのを覚えています。
 
食べログのような問題は
中国の大衆点評でもおきており
過度なステルスマーケティングいわれる手法は
ユーザー離れに繋がるので問題になっております。
 
うどんが主食さんに関する記事の真意は分かりませんが
グルメレビュアーの記事や意見を参考にする際は
 
自腹なのか、謝礼もらっているのか?など気になる方は
その方がどんな仕事をしているかなどみて判断したらいいかと思います。
 
年間500食食べる、男性のお医者さんの先生は、自腹または接待のケースですが
年間500食食べる、きれいめな女性の、フード●●とかフードコラムニストなどのケースは
レセプション系、おごられ系の方が多かったりします。
 
食べるのが好きな方で
食べログ???と思っている方は
まずは、TERIYAKIやRettyなどを見ながら自分に合った
食のメンターを見つけるのがおススメです。